電話での会話で性格が良くないと思った女は意外にヤレる事が多い

ツーショットダイヤルを使い女の子達とリアルで出会う為には、基本的に初対面の女性が相手になりますので、信頼や安心をトークの中で掴み取る必要がありす。

私は過去に数千人の女の子達とツーショット番組で会話して来ましたが、繋がる女の子によって性格もバラバラですし、考えている事も違いますので本当に会える女の子を見極めるのが難しいんですよね。

今回は、私が口説いて来た女の子の中でも、ハッキリ言って粘る価値があると感じる女性の特徴についてお伝えしたいと思います。

まず、一番楽なパターンでありますが、これはシンプルで相手の女性に始めから出会う目的がある場合ですね。この場合は非常にラッキーです。素直に相手の目的を聞いて待ち合わせするのみです。特に会話テクニックなども必要はありませんので、この手の女性に繋がった場合はサクッと待ち合わせて即エッチをゲットすべきでしょう。

次に私の本命の狙い目のタイプ女性についてです。

電話が女の子と繋がり、ある程度の会話をしたのだけど

どうも相手の女の性格が気に食わない

こんな感じの女の子に繋がったとします。ハッキリ言って性格の良くない女に電話が繋がってしまった場合なのですが、実は私はかなり狙って行くべきの女性タイプだと確信しています。

何と言うか、この手の性格の悪い女ってのは、男遊びに関しては非常に慣れている事が多いんです。

だから、性格にはムカついたとしても、ある程度の会話さえ出来れば直ぐに出会う事が出来てしまう事が多いのです。意外な程にヤレる事が出来る場合がありますので、是非とも性格の悪い女は積極的に狙って行きましょう。

冬場のツーショットダイヤルはテレセ友達から徐々に出会うのがスムーズ

今年の夏は本当に灼熱でした。私は基本的に冬場より真夏の方が好きな人間ですが、今年の夏は本当に勘弁してくれ!とか叫びたくなるレベルでしたからね。

さて、ツーショットダイヤルも季節が変われば、テレフォンセックスにしろ電話ナンパにしろ、戦略が変わって来るのはある意味で当然とも言えます。

今回は、冬場に適したツーショットダイヤルの使い方を説明したいと思います。

夏場のツーショットナンパは比較的、出会い目的の子が多く夏休みを利用して気軽なエッチを楽しみたいと思う子が多かった。だから、コールもある意味で

行き当たりばったり

的なコール回しをすれば、出会う事もそこまで難しくはなかった。しかし、これは夏休み効果があるからこそ味わえた事なんです。冬場は人々がアウトドアからインドアになる季節です。

ですので、インドア気質になっている子を手当たり次第に誘っても断られる事が多い。

では、どうすればよいか?

テレフォンセックスを使うのが理想的だと思います。とにかく、電話が始めて繋がった子に対してはテレフォンセックス友達だちとしての繋がりを意識するのです。

冬場はインドアになる子が多い。つまり、家でオナニーする機会も増えます。そんな状況にツーショットダイヤルでのテレフォンセックスはかなり相性の良いコンテンツになりますから、是非とも実践するべきです。

そして、まずはテレフォンセックス友達としての関係を続ける事を意識して行きましょう。

次に、お互いの仲が深まったら、LINEのIDを交換して徐々に距離感を縮めていきます。

このような段階を踏むと確実にツーショットダイヤルでのテレフォンセックス関係から、お互いに何でも言い合える少し進んだ関係に発展出来ます。

ここから出会いに持ち込むべきなんですよね。冬場のツーショットダイヤルはこんな感じのナンパスタイルが私は最適だと感じています。

「出会う」なら伝言ダイヤル機能を使う理由とは?

伝言ダイヤル機能。貴方はツーショットダイヤルを利用する上でこの伝言ダイヤルを活用しているでしょうか?もし、日常的にツーショットダイヤルを利用しているのに一度も伝言ダイヤルを使ってないなんて人がいたら、それは非常にチャンスを逃している事になると思いますよ!

今回はそんな伝言ダイヤルの魅力とメリットについてお伝えしたいと思います。

まず、伝言ダイヤルコーナーと言うのは基本的に女性からメッセージを投稿して男性がそのメッセージに対して返信することによりお互いにコミュニケーションを進めていくコンテンツです。

ですので、ツーショットコーナーと違い女性の方が男性に対してアプローチする逆ナンパ的な位置付けもある特殊な機能と言う面を持っています。

だからこそ、私は伝言ダイヤルのメリットを最大限に活かした利用をすべきだと感じます。ツーショットコーナーでは攻めのナンパをしつつ、伝言コーナーでは女性からの積極的な逆ナンパメッセージに注目して利用すれば、非常にバランスの良いで出会いが楽しめますからね。

やはり攻撃的なナンパと受け身なナンパを同時に狙うと、バランスの良い女性達と出会う事が出来ますからね。

攻めなナンパの場合はどちらかと言うとMな子がゲットしやすいんですよね。逆にSな子をツーショットナンパで見つけようと思うと非常に難しいのです。しかし、伝言ダイヤルに出会い目的でメッセージを残すような女性の多くは積極的なS気質の女性が多いです。

SとMの女性をコーナーで自由に選べる楽しみ方も出来るのです。私はどうせツーショットダイヤルを使うのならば、ツーショットコーナーと伝言コーナー両方楽しんだ方が幅広い女性との出会いを楽しむ事が出来ると思います。

口説けないと思ったら負け!電話ナンパはヤレると思い込む事が大事!

ツーショットダイヤルは昔からあるコンテンツです。古い番組になると約30年以上前から運営されている番組もありますからね。

そんな中で、ツーショットダイヤルを最近使い始めた初心者の方は、まだきちんとした日本語を喋る事が出来ない幼稚園児みたいものです。

ですので、昔からツーショット番組を利用している常連との実力の差は歴然とも言えます。

やはり、私の元には連日ツーショット初心者さんからの切実な悩みがメールやコメントで届きます。

散々、女の子と喋って盛り上げたのに全く出会えない

こちらが話題を振っても女性は塩対応。本当にツーショットで出会えるの?

テレフォンセックスを盛り上げる自信が無い。一度で良いからテレセイキしてみたい

やればやるほど、自分に自信が無くなって来ます

このように非常にツーショットダイヤルに対してネガティブな感情を持つ初心者が多い。

しかしね?初めの内は誰でもそうなんですよ!私から言わせて頂くと、ほんの数回ツーショット番組を利用した所で電話でエッチする事や電話で出会う為の本質なんで分かりっこ無いんですよね!

先ずは、気持ちの入れ替えをして下さい。必ずツーショットを利用する際は女はなんて簡単にヤレる!俺はナンパするんだ!と強い意思を持つ事が大事。

物事と言うのはどんな世界でも積み重ねて来た人が勝つように出来ているのです。勝負する前に萎えてどうするのでしょうか?

高いモチベーションを持ち、自分の目的を細かく設定して、その目的に向かって一段一段と階段を登るのです。

やる気さえあれば物事なんてのは早かれ遅かれレベルアップします。ツーショットダイヤルは電話を使うコミュニティーですから今までの常識が通じない事も多くて当たり前なんです。

ポジティブな思い込みは思わぬ力を発揮してくれます。ですから、先ずはマインドを変えましょう。出来る!モテる!ヤレる!と頭の中で何度も唱えながら女を口説きまくる。

これが私からツーショットダイヤルに悩める初心者の方に言える最大級のアドバイスです。

今時のヤリマンは見た目普通が当たり前!

インターネットが登場して、暫くが経つ。そして、携帯電話からスマホへ入れ替わった現在。

もはや、モバイル環境で高速インターネットをするのは当たり前の事になった。

誰でも好きな情報を検索出来るし、様々なゲームも登場して暇な時間を感じさせなくなった。

さて、私は生粋の女好きであり、出会いコミュニティーやツーショットダイヤルを使って数多くの女を抱いて来た。桁数で言えば四桁である。

時代と共にヤレる女の特徴と言うのは激変していると感じる。所謂、ヤリマン女の事であるが、基本的に80年代から90年代初期までは見た目で明らかにヤリマンが判別出来た。

派手な容姿で、派手なメイク、露出度の高いブランド品を身に付けている女は例外なくヤリマン女だったのだから。

しかし、最近はこの状況が真逆なのだ。派手な女に限ってセックスは結婚するまでやらない!とか平気で抜かすからな。

逆にヤリマンになったのは間違い無く地味で普通な女が多い。だから、ヤリマンで無いタイプの女との見極めが見た目では不可能になってしまったのだ。

こんな状況となったのは間違い無くスマホとネットの普及によるものだと思う。

派手な女は元々、友達も多くリアルが充実している。そんな中でネットを見て、本当に充実している人生とはセックスじゃないと悟ったのだ。

逆に見た目が地味でネガティブな非リア充の子は、自然とエロ方面のサイトやコミュニティーばかり見て、徐々にリアルな男との刺激を求めるのだ。

このギャップがどんどんと開いて従来の派手なヤリマンがいなくなり、地味なヤリマンが主流となったのだろう。

日記

キャバクラでモテる男はツーショットダイヤルで成功しやすい!

今回は私が昔から確信している持論について述べたいと思います。

まず、皆さんはキャバクラに行きますか?恐らく社会人の方は取引先や上司に連れられてキャバクラへ言った事があると思います。少しリッチなサラリーマンの方は行きつけのキャバクラなどもあり、定期的に指名するお気に入りのキャバ嬢なんかもいるでしょうね。

残念ながらキャバクラ未経験の方には今回の私の持論を聞いてもあまりパッとしない面もあるかもしれません。しかし、これをキッカケに一度くらいはキャバクラへ訪れてみて欲しい。そしてその体験が実はツーショットダイヤルにも関係してくると言う事を知って欲しいと思います。

キャバクラとツーショットダイヤル?そう思った方も多いと思います。パッと見は全く関係ない世界に見えますからね。

しかしね?私は間違いなくキャバクラとツーショットダイヤルには大きな共通点があると思っています。簡単に言えば、キャバクラでモテる男ってのは確実にツーショットダイヤルでも美味しい思いが出来るって事です。

まず、ターゲットにする女の子選びの時点でキャバクラでモテる人と、そうでない人には大きな差が生まれてしまうと私は確信しています。ご存知の方も多いと思いますが、キャバクラで働いている女の子ってのは基本的にごくごく普通の女の子である事が多い。多くのキャバ嬢は昼間の仕事もしている場合が多いですし、キャバ一本で生計を立てている子ってのは意外に少ないのが現実です。

そして、多くの女の子はガチの仕事として割り切ってキャバクラで働いています。ですから、キャバ嬢の本音は「金」が一番なんです!

男はこんな「金」が一番と思っている女の子をキャバクラで口説かなくてはいけませんよね?そうなると口説ける女の子を直感で見極める嗅覚みたいなスキルが実は重要になって来ます。この嗅覚を使い、キャバクラで口説ける子を的確に選び指名する。これがキャバクラでお持ち帰りや本当の意味でモテる極意とも言えます。

実はこの女の子の見極めがツーショットダイヤルでは絶大な口説きテクニックになるのです!ですから、キャバクラに行ってたまたま席に着いてくれた子の話術にハマって一回転目で場内指名するなんて行為は絶対にセンスがありません。つまりモテないタイプの男に分類されてしまいます。

ですから、ツーショットダイヤルでもキャバクラでも口説こうと思う女の子は何回転してでも妥協はしない事!そして、女の子から舐められたら終わりです。ツーショットダイヤルの中にも少なからずサクラ女性はいますから、会話をしていて意図的に会話を長引かせられているなんて感じたら、直ぐにでもその子はサクラと判断して次の女の子を探す勇気を持ちましょう。

徐々にですが、本物の素人女がどんな会話をするのか分かってくる筈です。そして会話をスムーズに展開して雑談トークを盛り上げるコツも掴めてくる筈です。

ツーショットダイヤルでもキャバクラでも一番重要なのは「口説ける女の子と会話する事」ですからね?それ以外の女は眼中に置かない。そんな心構えが成功する男と、ずるずるとカモにされるダメな男の差になて来るのです。

66円荒稼ぎしたLINEをパクった出会い系「フライヤーズスクエア」三浦哲雄の逮捕

三浦哲雄逮捕今時、サクラしかいない出会い系サイトで「66億円」も荒稼ぎしていた・・・少々、信じられないこのニュースを見た時は本当にビックリした。

しかし、このニュースの動画を見ると私は納得した。「フライヤーズスクエア」である。今から10年以上前から同じ様な詐欺出会い系サイトで稼ぎ続けていた会社であるからだ。

三浦哲雄。この名前を出会い系サイトなどで眼にした事がある人も多いだろう。どうやら今回の逮捕はLINEの商標をパクって無料系のチャットサイトとして出会い系サイトを運営していたようだ。恐らくだが、そのLINE出会い系を使った男をフライヤーズスクエアお得意のサクラバイトによるピンポイントな詐欺で会員から金を搾り取ったと推測する。

千葉県警は、広告企画制作会社「㈱フライヤーズスクエア」(本店 豊島区池袋1-1-7)の三浦哲雄社長ら8人を、商標法違反容疑で逮捕した。

関係者によると、三浦容疑者は無料通信アプリ「LINE(ライン)」の商標に似せたロゴを使ってサイトを開設し利用者を出会い系サイトに集め不正に会員登録費を得ていたという。

三浦容疑者ら3人は「身に覚えがない」などと容疑を否認しているという。

私は思う。詐欺行為と言うのは余りにも簡単に金が稼げるのだろう。恐らくこの三浦と言う男も最初は小金を稼ぐ程度にサクラ出会い系を運営していたのだろう。しかし、余りにも莫大に金が稼げるようになり、徐々に歯止めが利かなくなる。

警察の取調べに対して三浦を中心とする容疑者達は「身に覚えが無い」などと供述しているようだが、彼等は日本の警察を甘く見過ぎている。こんな馬鹿げた言い訳が通用する訳が無いし、警察は確実にフライヤーズスクエアが詐欺を行っている証拠を掴んで逮捕したのだろうから、反抗などすれば詐欺だけで無く、様々な追加逮捕を用意しているに違いない。

しかし、このフライヤーズスクエアと言う会社は不思議な会社である。三浦は恐らく雇われ社長な筈だ。前に「山田ボイス」と言う2ちゃんでの祭りが起きたのだが、この山田ボイスもフライヤーズスクエア関連会社だった筈だ。

その時に三浦哲雄の文字は見る事が無かった。つまり、三浦哲雄は後からフライヤーズスクエアの社長となった筈である。という事は、このフライヤーズスクエアと言う会社には実質的な会社オーナーがいる事になる筈。

しかし、今回そのオーナーらしき人物に操作のメスが入ったとの情報は一切無い。66億円の巨大詐欺事件を起して雇われ社長だけ逮捕なんてのはどう考えても不自然な話では無いだろうか?

政界や警察などと結び付きのある人物がオーナーなのか?それとも外国人?考えれば考える程、このフライヤーズスクエアの出会い詐欺事件の逮捕劇は闇が深い事件に思える。

スマホで女と出会ってセックスまで持ち込めない童貞は本気でヤバいと自覚すべき

私は日本人の殆どがスマホに切り替えた去年から今年にかけてある種のバブル的な経験をしている。

女とのセックスの入れ食いバブル的な経験だ。とにかくスマホを駆使すれば10代から60代の女まで気軽に選んでセックスまで持ち込める。

まあ、未成年少女はマズいので手を出してはいないが、未成年少女もパコろうと思えば何人でもセックス可能な状況がゴロゴロしている。

一時期流行った、出会い規制は無くなってしまったのだろうか?

スマホを駆使すれば、とにかく簡単に異性とコミュニケーションが取れるコンテンツがアプリでもウェブでもゴロゴロしている。

私はブログのコメントから女の子と出会った事すらあるからな。まさか、ブログが出会い系サイトとして使えるなんて誰も考えないだろう。

そんな状況下の中で私は言いたい!

スマホを日常的に利用している童貞君よ!スマホを使っていて未だに童貞とはなんたる災難なのだろうか。

一刻も早く二次元からは手を引き、スマホを使い女とセックスした方が良い。

普通の男ならスマホを持っていたら、定期的に女を見つけてセックスするなんてのは当たり前の事だからな。変態画像やエロ動画は見るのに生身の女には触れる事が出来ない。

童貞はこんな哀れな環境におかれて虚しくないのだろうか?しかも、スマホを使えば女なんてのは入れ食い出来る状況が整っているのに。

特に成人を超えて未だに童貞状態をキープしている男は今後の人生を悲観するべきだろう。

彼女が出来ず、卑屈な性格になり人生がつまらなくなる。周りの友人は知り合いは結婚して子供が出来る。

40代辺りで強烈な孤独が襲って来るだろう。中には精神病になり狂気と化す童貞も出て来るかもしれない。

まさかの一生童貞。考えただけで地獄のようではないか。

何故、行動しない?スマホ一本で童貞卒業出来る時代なのに。恥ずかしさや対人恐怖症だから?そんなのは慣れの問題であり、そもそも病気でもなんでもない。

童貞で死にたくないなら今直ぐにでもスマホでヤレる女を探すべきだろう。

日記

アダルトグッズを利用したテレフォンセックスは男女共にメリットが大きい

TENGAやirohaの登場は日本人男女のオナニー日本人の対する考え方を変えました。
TENGAの凄さ
オナニーってもつと気軽にやって良いものなんだ!

今までは人にオナニーしてるなんて言えなかったけど、「今は堂々と私はオナニストですと告白出来る」

TENGAを使い始めてから、彼女にセックスが上手くなったねと言われるようになった。

これはTENGAを実際に利用した一部の人の感想ですが、明らかにTENGAの一般化は世間の目がオナニーをワンランク上の崇高なコンテンツに押し上げた気がします。

まあ、オナニーグッズに関わらず、アダルトグッズ全般的に最近はかなり開けた市場になって来ていると感じますね。

私はこのアダルトグッズを男女共に積極的に取り入れてテレフォンセックスをした方が良いと思います。

例えば女の子だったらローターですね。男性の場合は吸引式のオナホールなんてどうでしょうか?

両者共に音が出るのがポイントです。テレフォンセックスしている時に音が出るアダルトグッズを使えば、その音がバックミュージックとなりテレフォンセックスを勝手に盛り上げてくれるのです。

特に女の子は音に敏感ですから、直ぐに濡れてくれるメリットもあります。男性も気持ち良い電動オナホなどを使えばテレフォンセックスでも本当にセックスしている感覚にさせてもらえます。

先ずは、実際にためしてみるのが一番早いと思いますね。今までのテレフォンセックスとは明らかに違う次元を味わって下さい。

今回の記事では、かなり初歩的なテレフォンセックスグッズを軽く紹介しましtが、後日私がググった所かなり詳しくテレフォンセックスに最適な道具やグッズを紹介している記事を発見しましたので、是非とも参考にしてみて下さい。

また、このサイトはかなりマニアックなテレフォンセックス情報を配信しているサイトさんでしたので、是非ともブックマークしておく事をオススメ致します。

参考:「手軽にテレフォンセックスの興奮を高めてくれる便利なグッズを紹介します」

言葉責めテレフォンセックスは女が喜ぶ基本テクニックです。

言葉責めプレイかこのところ人気だ。これはテレフォンセックスはもちろんだが、リアルのエッチの時にも彼氏やセフレからして欲しいと思っている女の子はかなり多い。

某女性誌のセックス特集なんかを読んでいても、毎回言葉責めと言うキーワードを目にする。女はどれだけ言葉責めが好きなんだと思ってしまう。

テレフォンセックスにおける言葉責めプレイだが、私は電話の場合の言葉責めは基本テクニックに認定しても良いレベルだと思っている。

何故なら、電話での言葉責めは余りにも女が喜ぶからだ。例えば全ての言葉を命令口調にするだけで、女は興奮して来たと言って来る。

何か漫画などの影響なのだろうか?

私は長年に渡りテレフォンセックスを楽しんで来たが、これほどまで言葉責めが女に受ける時期は無かったと思う。

最近になってLINEエッチなどを始めた人は必ず言葉責めは覚えて欲しい。彼女やセフレとなら、新しい性癖などが分かる事も多いからな。

既に言葉責めプレイをしている人は、更なるディープな言葉責めの世界を模索して欲しい。例えばSMや催眠系のテクニックを取り込んだ言葉責めの開発などである。

言葉の世界は実に深い。これは小説の世界にも同じ事が言えると思う。常に人間が脳を使い考えれば無限のストーリーが出続けるし、言葉のボキャブラリーも増加して行く。

どうせテレフォンセックスするなら、より崇高なプレイを目指すべきだ。