世界の株価が暴落すれば日本のエロ女化も確実に期待は出来ない!

またもや日本は世界経済に足を引っ張られて悲惨な事になってしまった。

戦後初だと言われている株価の動きが2016年初っ端からあったのをご存知だろうか?

何と今年の1日から日経平均株価は下がり続けてなんと2,000円以上もの値下がり(暴落)をした。しかも、6日連続で日経平均株価は暴落した。これが、戦後初というのだから何やら不安な動きだ。

原因は中東情勢や原油安などが挙げられているが、間違いなく中国株の再度の暴落が原因だろう。

中国株は本当に値動きが荒い。何故なら、中国株は大半のトレーダーが個人投資家だからだ。

中国株は少し暴落すれば、投資に慣れていないトレーダーが直ぐに恐怖心から投げ売りして暴落してしまう。

最悪な事に、中国政府は2016年からサーキットブレーカーと呼ばれる、株価が暴落した時のストッパーみたいな制度を密かに設定した。

そのサーキットブレーカーが年始から見事に稼働して、何と短期間に2回もサーキットブレーカーが発動されたから暴落に歯止めが掛らなかった。

こうなると、世界経済は見事に連れ安してしまう。欧米の株価もアジアも日本も全て暴落してしまった。正に、世界同時株安である。

さて、このような暴落が起きると私が数年前から期待している日本のバブル化と、それに伴う日本の女達のエロ化、ヤリマン化もかなり期待が持てなくなって来てしまう。

アベノミクスは一体何をやっているんだろうか?日銀という強い味方がありながら、暴落を見ているだけの日々。

再び90年代のジュリアナ東京にTバックお立ち台女達の酒池肉林の光景を見たくはないのだろうか?

俺は見たいぞ?

いいか?景気が良くなれば基本的に女達はオープンセックスが当たり前みたいな楽観モードになるのだ。そうなれば、男達も仕事に精が出るし、女性の社会進出なんてふざけた政策はいらなくなる。

男はセックスの為に、女はエロく自由に生きる本来の日本を取り戻せるのだ。

最後にもう一度言いたい!

日本に必要なのは女のエロスなんだ!女がヤリマン狂えばガンガン中出しセックスしまくってガンガン子供が生まれる。

そうなれば、少子化問題や高齢化社会なんて一気に問題解決するのだ。

ならば、株価を上げれば良いだけだ。アベノミクスと日銀の黒田は即刻日経平均株価を爆上げさせる材料を出すべきだろう。

矢口真里復活に昼顔ブームとか本当に最近の人妻の下半身緩過ぎたろ!

矢口真里ミヤネ屋出演昨日、放送されたミヤネ屋の矢口真里復帰会見は見ただろうか?視聴率の事しかないミヤネのギラギラした目付きは本当に気持ち悪いな。何であんな不倫隠し子野郎がテレビで野放しになってんだ?

まあ、ミヤネは置いておいて矢口真里である。今更復活かよ?と思った人も多いだろう。だって結婚生活をしている自宅にセフレを呼んで旦那がいない隙にセックスしゃうんだぜ?しかも、毎回マクラが新しくなっているには不謹慎ながら爆笑してしまった。

この先、矢口真里に世間の需要かあるのかは分からないが、もしかすると浮気や不倫ブームに乗って復帰した線も考えられる。

フジテレビで大ヒットした昼顔である。上戸彩が不倫する妻の役を演じて大ヒットしたが、もしかするとこの続編を作る際に矢口真里を抜擢させるのではないかと私は推測している。

そして、不倫シーンはあの伝説のセックス中の鉢合わせである。この設定を再現すれば間違いなく視聴率は30%を超えるだろう。そして矢口真里は伝説となる。

まあ、こんな馬鹿な話は置いておいて、最近の人妻の下半身は緩いと言う事だ。出会い系サイトの書き込みを見ても目立つのは人妻の浮気願望だらけである。

更に、テレクラやツーショットダイヤルにもテレクラ世代の人妻か戻っていると聞くしな。もはや末期症状にしか思えない。

この浮気、不倫ブームはまだまた終わらないだろう。間違いなく矢口真里がバラエティー番組の中で不倫セックスをネタにして暴走するからだ。

私は密かにこの暴走に期待している。何故ならもっと手軽に人妻達がセフレなどを探すようになる。これこそ、理想的な出会いバブルだろう。

日経平均株価の暴落でこの先の出会い事情が急激に変化するかもしれません

この所の日本の株価が悲惨な事になってますね。先月まで一万六千円を付けていた日経平均株価は僅か数日で千円も値を下げました。この流れはもしかするとこのままダラダラと進むかもしれません。

原因は日本の消費が回復しないこらです。そして我々、日本人サラリーマンの給料が上がらないからです。

良く、公務員や一部の民間企業の給料が上がっていると聞きますが実は嘘です。実際は確実に下がり続けています。

これはドル建てベースの日経平均株価を見れば明らかなんですよ。

ダウはサブプライムから二倍の株価になっているにも拘らず、日経平均株価は数パーセントしか上がっていません。

そこに追い討ちを掛ける円安。円安は良い面ばかりクローズアップされますが、実は今の日本にとっては物価上昇が上がるだけの厄介な円安なのです。それに原発が停止してしまっている日本にとって円安は火力発電する為の原油の値段が上がる一方なのですからね。

日銀総裁の黒田さんが量的緩和をしている中で、この日経平均株価の低迷は本当に悲惨な状況だと言えるでしょう。だって日本円を刷りまくっているのに株価が上がらないなんて異常事態なんですよ?

だって民間の給料は物価上昇率を考慮すると確実に下がってるんですから。もし、このまま日経平均株価が上がらなければ、確実に日本は泥沼です。恐らく物価は上がり続けるでしょう。しかし、給料はほんの少ししか上がりません。

もし、このまま消費税を10%に上げたら中小企業は絶滅するでしょうね。そしてハイパーインフレ時代の到来です。

もう、こうなったら日本の格差はアメリカ並みになります。1%の富を握る者と99%の貧民に日本人は分かれます。そうなれば治安は悪化して温和な日本人も暴動を起こす。

私が追い求めていた1980年代のテレクラバブルは確実に訪れませんね。来るのは1%の富を握る者の女の独占です。もしかすると、強力な独裁者が日本に現れ一夫多妻の法律を制定するかもしれません。

こうなれば日本は完全に修羅の国と化す。こうならない為にもアベノミクスは次なる経済対策を早急に打ち出すべきだと私は思います。

脱法ハーブはもはや覚醒剤よりタチが悪い!徹底的に規制すべき!

今日の夕方に起きた池袋西口の車突っ込み殺人事件には衝撃を受けた人も多いのでは無いだろうか?

あの場所は池袋西口の中でも極めて通勤や通学で使われる道だ。

ましてや、細い道。まさか車が突っ込んで来ると思う人は皆無だと思う。それに西口にしてみればかなり平和な感じのする場所である。

犯人は六本木でラウンジバー「Reign」(レイン)を経営する、名倉佳司容疑者(37)らしい。何でも事故を起こした瞬間は脱法ハーブで完全にラリっており、口から泡を吹いていたらしい。

完全に無差別テロである。脱法ハーブを吸っていて酩酊していたなんて何の理由にもならない。

この犯人は即刻、全財産を清算して直ぐにでも被害者の為に出来る事は全て償うべきだ。

第一、脱法ハーブや合法ハーブなんて覚醒剤より悪質な成分が入っている事を知らないのだろうか?そして、脳や内臓に深刻なダメージを残す事も。

脱法や合法ハーブをしている奴らに言いたい。犯罪行為に加担するのは即刻止めるべき。これらのハーブの出処は全てヤクザ絡みである。

つまり、脱法や合法ハーブを購入した人間は全てヤクザの資金調達に加担した事になる。もしかすると、ハーブ業者がこの先、検挙される事になれば、購入した人間まで法で裁かれる可能性も十分にある。そうなれば、合法脱法ハーブを吸っていた人間は前科持ちになる可能性が高い。

そこまでのリスクを犯してまで、脳味噌や内臓を破壊したいのだろうか?私にはあまりにも無知で馬鹿な若者達が哀れに思える。

一吸いが複数の人間の命を奪い、本人の人生も崩壊する。

こんな人間に価値は無い。

この池袋西口の車突っ込み事件が、今後の合法、脱法ハーブ撲滅に繋がる事を期待している。